セブンデイズカラースムージーで食事の置き換えをしているときに、置き換えた時以外に外食に行くこともあると思います。

ここではそんな外食がダイエットにいかによくないか、またもし外食する場合にはどのような事に気をつけて食事するべきなのかをご紹介していきます!
 

外食はダイエットの危険地帯

外食はとかく高カロリーで栄養も偏りがち。

ダイエット向きとはいえません。

とはいえ、現代の食生活は外食抜きに語れないのも現実です。

問題点を心得て、つきあう知恵をもちましょう。

外食のエネルギーには注意が必要

調理の過程がわかっているものと違って、外食のエネルギーはつかみにくいものです。

一般に高カロリーのものが多いので、一人前といっても油断できません。

脂身の多い肉を使ったり、調理に使う油が多かったりと見えないカロリーも要注意です。

味つけも濃いめなことが多く、ご飯の食べすぎにもつながりがちです。

もちろん外食がすべて悪いとはいえませんが、やはりダイエットのつまずきになる例は少なくありません。

ダイエット中の人にとって、外食は危険の多い食事と心得、気をつけて食べることが必要です。

外は糖質、脂質が多く、野菜が不足しがち

いわゆる店屋物は、たいてい主食の量が多く、おかずは少なめ。

洋食や中華料理では、脂肪分が多くなりがちです。

一般に外食では、糖質、脂質をとりすぎ、たんぱく質は不足しやすいといえます。

また、なかなか野菜が十分にとれないのも問題です。

外食では、こうした栄養の偏りについても注意する必要があります。

ダイエット中の外食は避けられない回数に抑える

外食では、エネルギーを抑えてバランスよく食べることがなかなか難しいので、どうしても前後の食事で調整する必要が出てきます。

できるなら、ダイエット中はなるべく1日1食までに抑えたいものです。

とはいえ、社会生活を送るうえで避けられない人もいるでしょう。

まず自分が1週間に何回外食しているか、自覚することが必要です。

避けられない外食の回数を把握し、なるべくそれに近づけるように努めます。

外食も1日あるいは1週間の食事の一部として位置づけ、どう食べるか考えていくことが大切です。

外食がやむをえないのであれば、外食のもつ特徴を頭において、選択する目を養い、欠点を補う知恵を働かせたいものです。

外食メニューの上手な選び方

外食で失敗しないためには、メニュー選びがポイントになります。

エネルギーだけでなく、栄養ハランスに注意した選び方を心がけましょう。

洋食・中華より和食、単品物より定食型がお勧め

一般に、洋食、中華料理は油を使うことが多く、高カロリーになりがちです。

あっさりした料理の多い和食のほうが低カロリーのメニューが豊富です。

なるべく肉料理より魚、豆腐や野菜の料理を心がけてとるようにします。

同じ素材を使った料理では、揚げ物や炒め物より、蒸し物、煮物、焼き物のほうが低カロリーです。

どんぶり物やめん類などの単品物は糖質に偏りやすく、意外にカロリーが高いものです。

定食型のほうが栄養のバランスもよく、量の調節もしやすいので、お勧めです。

単品物なら具の多いものを選ぶか、野菜を添える

外食を単品ですませる場合は、どうしても栄養が偏りがちなので、なるべく具の種類が多いものを選ぶようにしましょう。

あるいは、おひたしやあえ物を1品加えて、野菜不足を補うなど工夫が必要です。

なるべく使っている素材のわかるものを選び、食品数を多くするのが、糖質と脂質に偏らないようにするコツといえるでしょう。

もしセブンデイズカラースムージーを飲む以外の置き換え時に外食をする際はこのような事に気をつけながら品物選びをしてダイエットに取り組んでいってください!