ダイエットを考える女性に人気なセブンデイズカラースムージーですが、

セブンデイズカラースムージーでダイエットする時には、置き換える時以外の食事にも気を使っていかなければいけません。

毎日違う色の食材を食べて行くわけですが、その食べる量に注意しながらセブンデイズカラースムージーでのダイエットに取り組んでいく必要があるのです。

では、具体的に食べる量の目安はどのくらいなのでしょうか?

ここではそんなダイエット時に気をつけたい食事量についてご紹介していきます。

 

「胃袋を小さくする」のが健康的に美しくやせるカギ

手の大きさで、その人の胃に入る食べ物の分量がわかります。一度に食べられる量は、人によって異なるのです。

それは、人によって「胃の大きさ」がまちまちだからです。

それでは、あなたの胃の大きさは、どれくらいなのでしょうか。

あくまで目安ですが、人間の胃のもともとの大きさは「握りこぶしひとつ分程度」と考えてください。

手の大きさと胃の大きさは比例していて、一般に体がぽっちゃりしている人は手もふっくらして胃も大きめ、手が小さい人は胃も小さめという傾向がみられます。

力士がちゃんこ鍋を盛大に食べられるのも、胃の許容量が大きいからです。

試しに、握りこぶしをつくってみてください。

みなさんの胃の大きさは、だいたいそのくらいです。

胃は伸び縮みする

胃は食べ物が入ってくれば伸びる、消化して腸のほうに送り出せば縮む、ということを繰り返しています。

カラになった胃の中はシワシワになりますが、これは、「胃袋」が筋肉でできている袋だからです。

たくさん食べれば筋肉が伸びて胃が大きくなり、最大で「握りこぶしふたつ分程度」まで仲びるようにできています。

ただし、最大限に伸びるまで食べたら、それは食べ過ぎ!

では、どの程度なら食べていいのでしょうか。

その量の目安は、おにぎりを握るときのような要領で両手を上下に重ね、その中におさまるくらいと考えてください。

これは食べ物をそしゃくしたあとの量を基準とします。

食べ物は、口の中でそしゃくすれば小さくなります。

特にキャベツなどの野菜や豆腐などは水分量が多いため、そしゃくすればかなり凝縮されます。

また、胃の中に入ったときの量を想定しながら食べると、食べ過ぎに歯止めをかけやすくなります。

余計に食べ過ぎなければ胃は次第に小さくなっていきます。

「ちょっとひと口」や「もったいない」といってつい口に入れてしまう癖を見直しましょう。

正しいリズムで食べれば、適量で満腹感を得られるようになり、胃も自然な姿に戻っていくのです。