ダイエット中はお腹が減りますよね。

セブンデイズカラースムージーでの置き換えダイエット時にも夜にお腹がすいてしまったりしてしまうと思います!

ここではそんな時に役立つ、食事のコツや簡単クイックメニューについてご紹介していきます!

 

ダイエット中のクイック・メニュー

ウエイト・コントロールをしている人は、体重調節や減量のために通常の食事量を少なくしていますので夜遅くなって空腹感を起こし、眠れずについつい夜食を取ってしまう場合があります。

眠る前の食事は、食べ物がそのまま体脂肪として蓄積されやすく、太ることになります。

どうしても、夜中にお腹が減って困ったときには、こんにゃくの刺し身やフルーツ寒天ゼリー、ところてんなどのローエネルギー食品を食べて、一時しのぎをしましょう。

どうしても空腹のためふらふらしている場合は、早く調理して食事を摂取し、体力をつけなければなりません。

たとえば、眠れないようなら、消化が良く、低カロリーなお粥を食べてください。

残ったご飯を梅干しと一緒にすまし汁や卵入りコンソメスープの中に入れますと、りっぱな科理に早変わりです。

リゾット、おじや、お茶漬け、すまし汁の中に焼きおにぎりを入れたものを召し上がってもよいでしょう。

簡単ダイエットメニュー

またこのほかにも簡単ダイエットメニューを紹介します。

①冷蔵庫の中の一掃クイック料理

卵と野菜の妙めもの。

魚、豆腐、野菜の鍋物。

そばに野菜とかまぼこ添え。

①みんなで楽しいお好み焼きパーティー

一家団欒で、自分の分量を楽しく食べましょう。

③ときにはリッチに松茸ごはん

ダイエット中は、いつもストレスがたまります。

高価な素材もたまには使って食べましょう。

ダイエット中の調理のこつ

調理の目的は、人間が生命を保ち、健康な生活を営むために食べるものでありますから、

①必要な栄養素と栄養量を過不足なく含み、

②衛生的で、

③嗜好が多くの人の好みにあったものでなければなりません。

そのために調理のコツを知りましょう。

ダイエット中のコツを簡単に述べます。

①緑黄色野菜たっぷりの野菜妙めの調理法

普通の妙め油は全体の4~5%ですが、テフロン加工、シルバーストーンのフライパンを使用すると、油が必要ありません。

調理のポイントは、味付けの塩、こしょうは妙めて野菜がしんなりなった状態で入れください。

②肉、魚の調理法1

肉や魚など脂肪が含まれる素材は、茄でたり蒸したりして油分を落とすと、カロリーがダウンします。(しゃぶしゃぶ、ゆで豚、蒸し鶏など)

③肉、魚の調理法2

ハンバーグ、魚のムニエルはできるだけ油を少なめにして焼いて、素材からでる油分を利用して焼き上げ、仕上げに酒か、ワインで油分をとばします。

④カレー、シチューの調理法

カレーやシチューは、表面に浮かび上がってくる油をよくすくい取ります。

シチューで使う肉は、塩、コショウした後、小麦粉をまぶしてソテーにしますが、肉の油分は捨ててからシチューの中に肉を入れます。

肉の臭みもとれます。

〈ハース式スポーツ・ダイエット〉

ここではテニスのマルチナ・ナブラチロア選手を勝利に導いたダイエット法を紹介します。

ちょっぴりスランプ気味の人はぜひチャレンジしてみましょう。

①栄養バランスについて

たんぱく質と脂肪が多過ぎて、炭水化物が少な過ぎると栄養バランスが悪くなりますので、穀類(ご飯、パン、めん類、パスタ等)は、しっかり摂って下さい。

②摂り入れたい栄養素について

スポーツマンは、ステーキや卵たっぷりの、ダイエットは好ましくありません。

体力作りのトレーニングと健康増進には、炭水化物(米、じゃがいも、パスタ等)がよいです。

糖質のエネルギー代謝には、ビタミンB1が重要です。

☆減量中は、低エネルギーのためフラフラします。

消化吸収の早い炭水化物を摂ることがよいでしょう。

③サプリメントについて

ビタミン、ミネラルを加えたサプリメントは、うまく取り合わせをすれば持久力とプレイ内容が飛躍的にアップします。

スポーツマン・ウーマンの競技力向上のためには、特定の栄養素は必要ですが、食事だけでは十分摂れない場合もあり、エネルギーを科学的に高める補助食品を摂る事も重要です。

☆しかし、たより過ぎはよくありません。

④スポーツ減量法について

スポーツ選手は、減量において筋肉を落とさずに、脂肪だけを効率よくエネルギーに変えるためには、どうすればいいのでしょうか?

選手がスマート(体のキレが出て腰の回転がよくなる)になりますと、もっと強く、スピードアップします。

余分な脂肪はどんどん刈り込んでいく事が大切です。

水泳、テニス等のスポーツ世界チャンピオンは、やせながら、めざましい体力とスピードをつけてきました。

栄養バランスのとれた食事をしながら運動することが重要です。

☆1996年、中日ドラゴンズの山崎武司選手が、体重を7-8kg減量した結果、腰のキレが良くなり本塁打王を獲得したと言われています。

⑤ダイエットと健康について
食べ物の役目は、栄養にも毒にもなる場合があります。

摂り方を誤ると脂肪やコレステロールが蓄積し、動脈をつまらせ、血圧をあげて、体を早く老化させてしまいます。

また心臓血管系疾患(心臓麻痺や心臓発作)になりやすいです。

運動中は、活性酸素(老化物質)や水分飲料(脱水症等)にも気を配って下さい。