自分の身体が「燃えやすい」のか、「燃えにくい」のかを知るには、自分自身の「基礎代謝量」を知る必要があります

また、BMI値(体格指数)についても並行して知っておいた方が良いでしょう。

ここではその「基礎代謝量」と「BMI値」について詳しくご紹介するとともに、体が太りやすくなるサインなどについてもご紹介していきます。

 

あなたの体は燃える?燃えない?

基礎代謝量を知るには、基礎代謝量や体脂肪率が測定できる体重計(体組成計・1万円前後で求められる)を使います。

持っていない人は「自分の体重×年代別基礎代謝基準値」で算出するとおよその目安が分かります。

「基礎代謝基準値」は1日の体重1㎏あたりの基礎代謝量で「基礎代謝力」を示す指標。

「燃える体」かどうかは、この『基礎代謝力」から判断します。

「(体組成計で測定した)基礎代謝量÷体重」で、値が求められます。

出た数値(あなたの基礎代謝力)が、年代別基礎代謝基準値を上回っていれば「やせ体質」、下回っていれば「肥満体質」と見ることができます。

体組成計がない人の場合は、体重が年代別基準体重(平均体重)より多ければ「基礎代謝力」が低く、「肥満体質」となります。

少ないと「基礎代謝力」は高く、「やせ体質」と判断します。

しかし、あくまでも目安で正確ではありません。

体組成計で測定することおすすめします。

「基礎代謝力」をチェック!
①あなたの基礎代謝力は?
 基礎代謝量(kcal/体組成計測定値) ÷体重(kg)⇒体指肪を燃やす力
②あなたの基礎代謝力<年代別基礎代謝基準値⇒体脂肪が燃えにくい⇒太る体質
③あなたの基礎代謝力>年代別基礎代謝基準値⇒体指肪が燃えやすい⇒やせる体質
  (「基礎代謝力」は「基礎代謝基準値」と同じ)

『BMI値』を使って、体質をより正確に知る

「燃える体」か「燃えない体」かを正確に知るには「基礎代謝力」を示す数値と併せてBMI(Body Mass Lndex=体格指数)という指数を使い、肥満度をチェックします。

BMI値は、「体重(㎏) ÷身長(m)÷ 身長(m)」で求めます。

標準値は「22」で、理想の体重の指数(身長の二乗×22)です。

このレベルにあれば、糖尿病や高血圧などの生活習慣病に最もかかりにくいとされています。

ちなみに、「20」が美しい体格を示す数値(美容体重)です。

「18.5~25未満」だと、「普通」と判定します。

「燃える体」のレベルです。

「やせ」レベルだからといって「燃える体」とは言い切れません。

体力がないとか、健康上に何か問題があるケースも考えられます。

BMI値「19」はモデルレベルだそうですが、「普通」レベルの範囲であるのが健康的な「燃える体」だと心得ましょう。

BMlが「普通」でも「基礎代謝力」が低い場合があります。

確実に脂肪系に傾いていることを示していて、要注意です。

逆に「肥満」レベルでも「基礎代謝力」が高いと体は燃えやすくなっています。

今以上にウォーキングなどで体を動かせばやせてくるはずです。

あなたの理想の「肥満度(BMI)」を測定する
①BMI値22が標準値⇒理想体重の指数
 ※理想体重=身長(m) x身長(m) x標準値(22)
②標準値22は、健康体レベル
③BMI値20は、目標にしたい美容体重の体格指数

『体が太りたがっている』このサイン

体温が低い、疲れやすいというのは「基礎代謝力」の低下を知らせるサインです。

つまり、「太らない仕組み」がサビつきはじめ、体が太りたがっているのです。

いつまでも「基礎代謝力」が高い「燃える体」でいるには、まず大事なのは、体を冷やさないことです。

「適切な食事」はいわば熱(エネルギー)をつくり消費する食べ方ですから、食習慣の工夫はとくに大事。

「栄養バランス」「食べていい時間・悪い時間」「食材・食品の組み合わせ」など、これらの工夫は効率よく「燃える体」をつくります。

基礎代謝に必要なエネルギーは、おもに筋肉が消費します。

筋肉量を増やせば、さらに熱をどんどん生む体になります。

日常生活でこまめに体を動かしたり、週3、4回ほど1日に計30分(10分×3回でもいい)の「大股ウォーキング」などのちょっとした運動をしたりしましょう。

そして、体を芯から温める半身浴を行うのもよいでしょう。

息も絶え絶えになるようなハードな運動でエネルギーを消費するよりも、基礎代謝で消費する割合を上げるほうが、ダイエットには効果的です。

「燃える体」をつくるコツ
①体を冷やさない
・冷たいものの飲食は控えめに。
・ショウガ、ネギなどの体を温める食材を積極的にとる。
・半身浴、手浴、足浴を行う。
②日常、こまめに体を動かす
③「大股ウォーキング」を1日30分(10分x3回)、週3、4日行う
 ※毎日、1万歩も歩く必要はない。

体が太りたがっているサイン
口少し食べただけで太る
口体重がなかなか落ちない
口少し動いただけで動悸.息切れがする
口疲れやすく、翌朝まで疲れが残ることが多い
口あまり汗をかかない
口運動もしなければ、体を動かすことが少ない
口お腹の肉が落ちなくなった
口肩こり、腰痛がある
口目の下にクマができたり、むくみが出たりする
口冷え性
口便秘気味だ
口平熱が35.9度以下
口月経不順

1つでもあてはまれば、「燃えない体」になっている可能性が高い!