食事は、汗をかきかき食べる!

食事は、汗をかきかき食べます。

そうすると「太るカロリー」が「やせるカロリー」に変わって、「燃える体」に、グンと近づきます。

食事をすると、体がジワーっと熱くなってきて汗ばむことがあります。

食べ物が消化される際に、胃や腸などの内臓が活発に活動して熱を生むからです。

この体の働きを「食主誘導性体熱産生(DIT)」と呼びます。

DITには個人差があります。

たくさん熱を発して汗ばむ人ほど、同じ食べ物を同じ量を食べてもエネルギーの消費が多くなります。

体は燃えやすくなって、太りにくくなるのです。

DITも「基礎代謝力」と同じで年齢を重ねるごとに低下しますが、脂肪系の人よりも筋肉系の人のほうが高く、また運動習慣のある人も高い傾向にあります。

DITは朝がいちばん高く、時間が経つにつれて低くなります。

朝食に温かいごはんやおかゆを食べればさらにDlTが上がり、体はスツキリ目を覚まして活動体制に入ります。

1日を元気に過ごすコツ、でもあるのです。

温かい、辛い…ダイエットに必要な食べ物

DITの量は、食べ方によっても変わります。

よくかむと刺激された自律神経が、DITを高めます。

よくかめば食べすぎの防止にもなり、また、体脂肪を分解する成長ホルモンを含んだ唾液の分泌もさかんにします。

食べたものは消化されて、エネルギーとして使われます。

食べ物に含まれる栄養素の種類によって、エネルギーとして消費される量が違います。

3大栄養素でいちばん消費されるのが、たんぱく質です。

だからといって、たんぱく質を必要以上にとる必要はありません。

DITを高めるには温かいもの、香辛料を使ったものを多くとります。

体脂肪は夜、眠っている間につくられます。

DlTが低くなる夕食に温かいもの、辛いものをとってDlTを上げ、体指肪対策をとりましょう。

唐辛子を適度に使った鍋物は、ダイエットに最適です。

まだある「DIT」の高め方

・見た目おいしそうな食事
おいしそうな食事を自の前にしたり匂いを嗅いだりすると、自律神経などが刺激されて体温が上昇し、DIT反応が高まる。

逆にまずそうだと、DIT反応が鈍くなってエネルギーの消費が少なくなる。

・食前の軽い運動
軽いストレッチをしたり、昼食前なら遠めの店まで歩いたりして体温を上げ、DITが高まりやすくしておく。

・食後の緑茶、紅茶
カフェインが中枢神経を刺激して、DIT反応を高める。

自律神経、中枢神経って何?

自律神経は、体内環境を整える神経。

汗をかいて体温調節をしたり、食べ物を消化するのに胃を動かしたりする働きを持つ。

体の働きを活発にする交感神経と体を休める副交感神経という2つの神経がある。

中枢神経は、脳と脊髄(せきずい)からなる神経。

感覚や運動、情緒、反射機能などをコントロールする。

ショウガ、唐辛子を常備菜に使う

温かい食べ物、飲み物、体を温める食材はDITを高めますが、同時に体脂肪をトロトロ燃やす基礎代謝の働きも高めます。

先に触れたように、ショウガ、唐辛子は発汗作用があり、また血液の循環をスムーズにする働きもあって、DIT、基礎代謝を高める代表的な食材です。

ショウガは、体を芯(内臓)から温めます。

1日1片(約10g)を目安にとります。

朝、時間に余裕があれば、お手製のショウガ湯を飲んで体を目覚めさせます。

ショウガには免疫力を高める働きもあります。

すりおろしなどの生食でとると、効果的です。

甘酢漬け(すし屋さんのガリ)、ぬか漬け、味噌漬けを常備菜にするととりやすくなります。

唐辛子は、手足などの末端を温めます。

辛み成分のカプサイシンは、体脂肪の素になる糖質を分解する働きもあります。

薬味に使ったり、発酵食品でもあるキムチを常備菜にしたりするとよいでしょう。

ただ刺激が強く食道や胃、腸などの粘膜を傷めるので、適度にとるようにします。

ショウガも唐辛子も、強い抗酸化作用があります。